Shodoのご利用料金

Shodoブラウザー拡張 は無料でご利用いただけます。

ベーシック

Shodoを少し使ってみたい
個人向けのプランです

3名様まで

オーナー1名 / レビュアー2名

  • 記事の執筆(プレーンテキスト・Markdown)
  • 記事の相互レビュー・コメント
  • ステータス管理・ワークフロー
  • タスクの期限設定
  • 執筆の"頑張り"可視化
  • 記事の共有リンク
  • 記事のダウンロード
  • 連絡・期限のメール通知

プレミアム

本格的に執筆をする
個人・小規模チーム向けのプランです

3名様まで

オーナー1名 / レビュアー2名

  • ベーシックの全機能
  • AIによる日本語校正
  • 校正ルールの設定
  • 表記ゆれ設定
  • 記事の文章分析、単語出現率分析
  • WordPress、ブログ連携
  • 画像アップロード(3MBまで)
  • やることリスト作成・期限管理
  • メールサポート対応

ビジネス

複数人でマーケティング、メディア運営をする
企業・ビジネスチーム向けのプランです

99名様まで

メンバー数に応じたお支払い

  • プレミアムの全機能
  • メンバーごとのロール管理
  • プロジェクトごとの権限管理
  • 校正ルールの共有
  • 表記ゆれ設定の共有
  • Slackへの通知
  • 優先サポート対応

よくあるご質問

Shodoはクレジットカード・デビットカードでの支払いに対応しております。
VISA、MasterCard、アメリカンエクスプレスやJCBといったクレジットカードでお支払いいただけます。

いいえ、請求書でのお支払いには対応しておりません。
現在、どのプランにおいてもクレジットカードでのお支払いをお願いしています。

はい。お支払いについてはStripe(https://stripe.com/)という、日本の大手企業も利用している決済サービスを利用しております。
Shodoではクレジットカード情報を扱わず、お客様とStripeの間で安全に決済が行われます。

Shodo自体も、クラウド技術の専門家がセキュリティに配慮して開発しております。
お客様からお預かりしたデータは、外部からアクセスできない暗号化されたデータベース上に保存されております。
すべての通信はHTTPSというセキュアな通信を利用しており、通信をするサーバーやログ情報も外部からアクセスできないクラウド上で運営されています。
決済についてやShodoクラウド上のデータは特定のスタッフのみがアクセスできるようにし、ログインの際にも2段階認証を強制しております。

契約期間中にキャンセルされた場合、残りの契約期間は継続してご利用いただけます。
契約期間終了時に、ベーシックプランに変更され、有償プランにて提供されていた機能やデータはご利用いただけなくなります。

詳しい内容は 料金、お支払いについての詳細 をご確認ください。

有償プランから他の有償プランへ変更された場合や、契約ユーザー数を変更された場合は、即時でプランの変更処理が行われます。
アップグレード時もダウングレード時も、支払いは次の支払日に調整されるので、変更日に追加での支払いや返金は発生しません。

詳しい内容は 料金、お支払いについての詳細 をご確認ください。

即時で契約は変更され、契約の周期や支払日も変更されます。
追加でのお支払いが必要な場合、変更時に決済が必要となります。年次から月次に変更した場合など、支払いが残っている場合は次の契約更新日へと繰り越されます。

詳しい内容は 料金、お支払いについての詳細 をご確認ください。

ビジネスプランではご契約いただいている人数まで、組織にアカウントを招待できます。
契約の人数を減らしたときに、組織内のアカウント数が多い場合、Shodoが自動で組織からの脱退を行い人数を調整します。

詳しい内容は 料金、お支払いについての詳細 をご確認ください。

ご契約のキャンセル時は、契約期間の満了までお使いいただけるため返金はございません。
また契約期間が残っている場合に、購読している組織を削除した場合も返金は行われません。
Shodoのシステムトラブルや何らかの問題が発生した場合に、お客様への保証として返金させていただく場合がございます。

詳しい内容は 料金、お支払いについての詳細 をご確認ください。

それぞれの内容について、詳しくは 料金、お支払いについての詳細 をご確認ください。