記事を書きたい、
管理はしたくない

コンテンツマーケティングのための
記事執筆、校正プラットフォームShodo(ショドー)

ベータ版利用に応募する

Googleアカウントでログインのうえ画面に表示されるフォームよりご応募ください。

「Sign in with Google」ボタンをクリックすると 利用規約プライバシーポリシーに同意したことになります。 Shodoは連携したメールアドレスにメールを送ることがあります。

こんな悩みはありませんか?

  • 記事の執筆ステータスを管理するのが煩雑で、コンテンツ作成に余計な手間や時間がかかる
  • 記事の校閲、レビューのコメントを管理できない、質の担保に手間がかかる
  • 記事の版(バージョン)管理ができていない、レビューにより内容が右往左往と迷走してしまう
  • チーム内で文字校正のルールを統一できていないので、執筆者により質がバラけてしまう
  • 発注せずに自分たちで自分たちの思いを伝えるコンテンツを書きたい

Shodo(ショドー)によって解決されること

記事の執筆ステータスを一元管理できます

執筆タスクの管理に無駄な時間を取られません

ブラウザーだけでオンラインで利用できます

チームの全員が同じ場所で、同じツールで執筆できます

チーム内で記事をレビューするフローが整えられています

レビューのやり取りに時間と労力をかけずに済みます

記事の版(バージョン)管理と版ごとのレビューができます

版管理に迷走せず記事の改善ができます

自動校正に加えて表記ゆれルールを設定できます

執筆者による質の違いが減ります

文章分析機能により単語の出現率などを分析できます

別のツールを使わず、執筆時点からSEOを意識した記事が書けます

さらに

執筆の状況やコメントがSlackに通知される

チームで執筆の状況を共有できます

執筆した記事の公開予定日を設定できる

記事の公開スケジュールを管理できる

Shodoに参加するには、アカウントを作成してクローズドベータ版の利用にご応募ください。

アカウント作成

お客様の声

アルファ版からご利用いただいているお客様の声を集めました

マーケター
同じ校正を見てお互い適用しているって信頼があると、校正かけた?的な心配もなくなる
マーケティングリーダー
1記事あたり2時間は短縮できる
デザイナー
前の会社では、紙に印刷して回してコメント書いてました...。過去の自分に教えてあげたい
経営者
働き方改革時代の経営者として嬉しい
今まで通りの生産性だと、働く時間だけ減って給料を出すのが当然難しくなる。でもShodoで効率化すれば短い時間で成果が出せてもちろん給料も出せる
ライター
執筆が半分の時間でできた
マーケター
Shodoでのレビューになれると、その他サービスでのコメントが面倒になる

Shodoを使った執筆フロー

Shodoの執筆タスクは「ステータス」で管理できます。 それぞれのステータスは順次執筆のフローに従って変化していきます。 「執筆中」、「レビュー中」などの状態と、レビューの差し戻しのようなワークフローで記事を執筆できます。

料金

クローズドベータ
無料
記事の執筆(プレーンテキスト・Markdown)
レビュー・レビューコメント
ステータス管理・ワークフロー
記事の自動校正
校正ルール設定
記事の文章分析、単語出現率分析
画像アップロード
執筆タスクのフォルダー管理
公開予定日設定
メンバーの招待
複数プロジェクト

利用の開始にはクローズドベータへの応募と当選が必要です。

Shodoに参加するには、アカウントを作成してクローズドベータ版の利用にご応募ください。

アカウント作成

なぜShodoを開発したのか

私、Shodo代表の清原自身が必要だったからです。仕事のプロジェクト内でマーケティングをする際に、記事の執筆や校閲のフローに悩んでいました。 また、仕事で本を執筆する際のやり取りに多くの無駄を感じていました。
それら仕事を分析してみると、記事の管理をする仕事や、レビューを依頼するフローの管理に多くの時間が使われていました。 レビューのフローも既存のツール5個や6個と使って独自に作られたものでした(記事や本の執筆の現場でよくあることだと思います)。
レビューコメントでも、自動で校正チェックできるレベルのものがたくさんありました。校正ツールを適応するにしても、別途校正をする手間があり面倒でした。

本当に集中したい仕事は、クリエイティブな執筆そのものの作業のはずです。
煩雑な作業をなくすことで、執筆やマーケティングコンテンツの作成作業はよりアートに近いものになれると思っています。その他の雑多な管理や校正、作業などはすべてツールにより解決されるべきです。

そのためにShodoを開発しました。
私自身が余暇や休暇をフルに使ってアルファバージョンを開発して、自身の仕事のチームで使ってもらいました。 チーム内では非常に好評で、さらに素晴らしいフィードバックを受けてShodoを改善しました(アルファバージョンのうちに改善のためのリリースを28回しました)。

その結果、今のShodoができ、クローズドベータとしての公開に踏み切りました。 記事の執筆、マーケティングコンテンツの作成はもっとクリエイティブになれるはず。

そのためにぜひ、Shodoをご活用ください。

2020年1月3日
清原 弘貴


Shodoはまだまだ小さなプロダクトで、個人により開発されているサービスです。 良いサービスだと感じた場合はお問い合わせ画面などからフィードバックをいただけると嬉しいです。 また、SNSで人に伝えたり、知り合いに紹介したりと応援してくれると嬉しいです。 まだShodoは改善点もたくさんあり、これから追加すべき機能もたくさんあります。 これから皆さまの声を元に、よりよりサービスになるよう改善していきたいと思います。