運営

Shodo(ショドー、shodo.ink)は個人によって運営されています。
現在は 清原 弘貴(Hiroki Kiyohara) の一人で企画、開発、デザイン、運営、サポート、広報されています。

もし応援してくださる場合は hirokiky [at] gmail.comAmazonギフト券を送るか、 hirokikyKyashアカウントに少しでも送金いただけると嬉しいです (ただしご支援いただける場合も、運営からの返答やお返し、割引、オーナーシップ・将来の株式等の譲渡、スポンサーの掲示、特別なサポート対応やコンサルティング対応がされるわけではありません)。